2007年12月19日

困ったときのベタ辞典

困ったときのベタ辞典

私のネタがパクられた!?

先日、本屋さんで「ベタ辞典」という書籍を入手した。
どんな本かって言うと、とってもベタな辞典だ。

そして、このベタな事例が、数年前に私が書いたネタの多くと被っているのだ!

もしかして、パクられたか!?

でも、被ってるからこそベタなワケで、
誰もが思いつくからこそ定番なのだ。


■日常のベタなシーン
http://xn--joru75o.seesaa.net/article/61102486.html

■男女のベタなシチュエーション
http://xn--joru75o.seesaa.net/article/61529382.html


実は他にも『いそうでいないベタなキャラ』とかもあったんだが、
PCがクラッシュした際に全部消えてしまった……

と思っていたら、昔のブログにログが残っていた。


■いそうでいないベタなキャラ

・語尾に「〜じゃ」とつけるお爺さん
・語尾に「〜にゃ」とつける猫のコスプレをしたお姉さん
・語尾に「〜ある」とつける中国人
・語尾に「〜だぞぉ〜」とつける象
・首からヒモでカギを吊り下げている、わかりやすいカギっ子
・ウインクしながら投げキッスするお姉さん
・「こういう者ですが」と言って警察手帳を内ポケットから取り出す刑事
・拳銃を空に向かって乱射するお巡りさん
・メガネをかけた美人でミニスカートの女教師
・タイヤを引きずって足腰を鍛える野球少年
・「合格」ハチマキを額に巻いて勉強する受験生
・牛乳びんの底のような眼鏡をかけた無精ひげの受験生
・妖しげに足を組み、不機嫌そうにタバコを吸いながら
 警察の取調べに応じる口元にホクロのある美人ホステス
・マイクを離さない部長
・自分の決意を、ブランコをこぎながらスッキリした表情で語り始める女子学生
・冬でも半袖半ズボンで、鼻水を垂らしている坊主頭の男の子
・たて笛でアマリリスを吹きながら下校する小学生
・「くまったくまった」といいながら、ウロウロしている熊
・『伊集院麗華』みたいな名前のお嬢様
・骨をくわえている犬
・病気がちの母親と二人暮らしの新聞配達の少年
・自分のことを「ボク」という、黒ぶち眼鏡に三つ編みの文学少女
・「うらめしや〜」と言いながら出てくるお化け
・本当は涙もろい鬼コーチ
・今日が初日なのに遅刻してくる転校生
・意地の悪い教頭先生
・東京湾で、見事な長靴を吊り上げる釣り人
・僕のことをどう思ってるの?と聞かれて、「友達以上恋人未満」と答える女
・独り言をつぶやきながら推理する探偵
・内緒話を立ち聞きしてしまう家政婦
・「証拠はあるのか?」と開き直る殺人犯
・別れ際に、突然ホッペにキスして走り去る女の子
・ヤリを持ってライオンを追いかけているアフリカ人
・仲の良いOL三人組
・バスタブで殺害される全裸美女
・カッコいいあだ名のついた捜査一課のデカ
・バイクで引きずり回される、不良に立ち向かう熱血教師
・「チェッ」と言いながら、後ろ手に組んで小石を蹴る少女


★困ったときのベタ辞典さん、自由にこのネタ使ってくれてOKなんで。

双麻に座布団一枚→人気ブログランキング

2006年11月10日

合コン

今回は、合コンでの女性のあんな態度やこんな仕草を、
男はどう感じるのか!というのを検証してみたいと思う。


◆自分が持っている資格を言う

少しひかれてしまう可能性あり。
内容にもよるが、難しい資格になればなるほど、
気安さが遠のき、近寄りがたくなってしまう。


◆料理を取り分ける・ビールを注ぐ

男からすれば、気が効くようで印象は悪くないのだが、
こういったスタンドプレイは、同性に敵を作ってしまう可能性が高い。


◆上着を脱ぐ

肌を露出することで、グッと可愛く見えて好印象。
しかし、腕が大木のようだと勿論逆効果なので要注意。


◆携帯カメラで写真を撮る

あとでメールをするきっかけになるのでポイント高し。

 「明日メールで写真を送るから……」

などと期待を持たせておけば、男は後々印象として残ってしまう。
ここで「別にいいよ(要らない)」などと言われたら、
もう望みはないだろう……。


◆駄洒落やギャグを言う

外せば外すほど好印象に繋がる。
男が外すと場がシラけるが、女の子が外すと何故か可愛い。


◆首を動かしすぎる

”お囃しさん”傾向になりやすく、場の盛り上げ役にはいいが、
それで終わってしまう。


◆首をかしげる・上目遣い

何ともいえない色気が感じられ好感度アップ。
実は私も結構コレに弱い……。


◆頬づえをつく

退屈、飽きてきたという印象を与えて悪印象。
でも本当に退屈だったら仕方ないよな……。


◆携帯のメールが……

合コンの最中に携帯ばかり弄ってると、

「なんじゃこいつは?」

と当然思われてしまう。
よくて遊び相手止まり。


◆いきなりタメ口

可愛ければ許されるが、そうでなければ
顔面にドロップキックを見舞いたくなる。


◆露骨な質問

露骨に職業や年収や家族構成などを聞かれると、
目的がミエミエになる。
例え美人でも好感度ダウン。
嘘でも、生活レベルは低くてもいいという態度が好印象。


最後に……

合コンに関して、著書『小悪魔な女になる方法』の著者である
銀座の某売れっ子ホステス氏曰く、『合コンにイイ男ナシ』だそうだ。

彼女はこうも言う。

冷静に考えてみて。
モテる男やイイ男が、そうそう合コンに来ると思う?
25過ぎて、毎週「合コン、合コン♪」といってる男女って、
「そりゃ恋人いないよね」って方が多いもの。


                    (小悪魔な女になる方法 より抜粋)



双麻に座布団一枚→人気ブログランキング

2006年09月20日

二本足で立つ○○

今は昔、二本足で立つレッサーパンダの風太くんが一世を風靡したが、
世の中には二本足で立たれると、ちょっと困るものや怖いものも存在する。
今日はそれを私なりに集めてみたのでここに披露したいと思う。


【二本足で立つ○○ シリーズ】

・二本足で立つタコ

 [解説] これはちょっと怖いだろう。

・二本足で立つイカ

 [解説] まぁタコと同じようなもんか……。

・二本足で立つムカデ

 [解説] なんか、昔の戦隊ヒーロー物の敵キャラとして出てきそうだ……。
     できれば恨めしそうに「ム〜〜〜カァ〜〜〜」とか言って欲しい。

・二本足で立つゴキブリ

 [解説] 2本足であろうと8本足であろうと、そもそも不気味だ。

・二本足で立つサバ

 [解説] もともと足無いって。

・二本足で立つカカシ

 [解説] かかしの歌の歌詞を「山田の中のニ本足のかかし」に変えないといけないな……。

・二本足で立つ脚立

 [解説] ちょっと地味だが、実質的にはこれが一番怖いかも。

・二本足で立つ二人三脚

 [解説] それだと失格になる。

・二本足で立つノミやダニ

 [解説] どうでもいい。

・二本足で立つ幽霊

 [解説] 足があろうと無かろうと、存在そのものが怖い。

・二本足で立つ傘お化け

 [解説] なんか子供のナゾナゾみたいだ。
     「道路の真ん中に立つ二本足の傘お化けな〜〜〜んだ」 みたいな。


うーん……。
このネタはボツかな。


双麻に座布団一枚→人気ブログランキング

2006年08月22日

ホラー&モンスター映画の法則

・カップルは必ず人気の無いところへ行きたがり、予定通り怪物に襲われる

・カップルの男は殺されるが、女は命からがらその場から逃れる

・民家や酒場に「バケモノが出た!」と駆け込むが信じてもらえない

・ヒーローは死んでもヒロインは決して死なない

・小物の悪人は、真っ先に殺される

続きを読んでやる

双麻に座布団一枚→人気ブログランキング

2006年08月21日

男女のベタなシチュエーション

・女性が落としたハンカチを拾い「お嬢さん、落としましたよ」

・草履の鼻緒が切れて困っているところに男が現われ、
 自分のハンカチを引き裂いて修繕してくれる。

・ハチ公前で待ち合わせるが、駅の東側と西側を間違え出会えない

・待ち合わせで、彼女の後ろから近づき、目隠しをして「だ〜れだ?」
 [発展] しかし人違いだった

・初対面の待ち合わせで、バラの花や丸めた雑誌を目印にする

・ドライブ中に車が故障し、彼女が怒って炎天下の道路を歩いて帰る
 [補足] 何故かサンダルを脱いで、裸足で歩こうとする
 [補足] 何故か縁石の上を歩こうとする。しかも楽しそう。

続きを読んでやる

双麻に座布団一枚→人気ブログランキング

2006年08月16日

ハウス名作劇場

少し心に余裕が出来たので、即席でツッコんでみた。


●ムーミンはカバか妖精か

 ……どっちでもいいよ


●山ねずみロッキーチャック

 またマイナーな動物主人公にして……


●アルプスの少女ハイジ

 ・チーズ美味しそう
 ・わらのベット気持ち良さそう
 ・ユキちゃん、崖の方ばかり行き過ぎ
 ・ペーターは結構アホ
 ・エンディングのでんでん虫デカすぎ


●アルプスの少女ハイジとフランダースの犬

 ヨーゼフとパトラッシュの区別がつかない


●母を訪ねて三千里

 大人しく家で留守番しとけって


●もしも『あらいぐま』ラスカルじゃなかったら

 ・レッサーパンダラスカル

  ……ちょっとデカいけど大して変わらない

 ・たぬきラスカル

  ……最後は化かされていた、というオチで終わりそう

 ・ヒグマラスカル

  ……主人公食われて終り

 ・ホッキョクグマラスカル

  ……寒すぎてストーリーが進まない

 ・荒井注ラスカル

  ……子供が泣き出して第一話で打ち切り


●ふしぎな島のフローネ

 居直りすぎ


残念ながらこれくらいまでしかわからなかった。
皆さんはこのシリーズ、どのタイトルが好きだったかな。


双麻に座布団一枚→人気ブログランキング

2006年06月29日

日常のベタなシーン

一度は見てみたい、日常のベタなシーンを集めてみる。


・バナナの皮を踏んで、スッテンコロリン

・スキーで滑っている時に転んでしまい、雪玉になって斜面を転がる
 [発展] 木にぶつかって、上から雪がドサッと落ちてくる

・自転車に乗ったそば屋の出前持ちが、余所見をしていて電柱にぶつかる
 [発展] ひっくり返ってそばを頭からかぶる

・バイクなどで路上のゴミ置場に突っ込む
 [発展] ポリバケツの中に入ってフタが閉まる

続きを読む

双麻に座布団一枚→人気ブログランキング

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。